Monthly Archives: 8月 2014

通信制高校と高等学校卒業程度認定試験の活用

大学進学や国家試験を受けるなどのはっきりした目標があれば、高等学校卒業程度認定試験合格は合理的です。中退していることから単位をある程度持っているなどがあれば、もっと高等学校卒業程度認定試験合格には有利です。しかし通信制高校の卒業すれば得られる高校卒業の資格は、この試験に合格してももらえません。しかし通信制高校を併用し、高等学校卒業程度認定試験の合理性をうまく活用している人もいます。


<高等学校卒業程度認定試験の合格>

高等学校卒業程度認定試験の毎年の合格率は30%とのことです。単位が認定されれば免除されますので、試験によって単位の貯金は可能です。必ずしも一発で全教科合格しなくてはならないものではありませんから、30%の合格率が特別難関だと考えることはありません。高等学校卒業程度認定試験の合格をスムーズにするために、通信制高校でも単位取得を目指している人もいます。どちらの単位もお互いに加える事ができますので、早く合格すか、卒業すればで、目的は達することになります。早く大学や国家試験などの受験資格が欲しいというときには、効率のよい勉強の仕方です。便利な使い方ができるのです。現役と一緒に入学することも、夢ではありません。