通信制高校の学費について

通信制高校の学費は一般的に安いと言われていますが、だいたい平均するとどれくらいなのでしょうか?また私立と公立とではどれくらい違いがあるのでしょうか?


通信制高校の学費はどれくらい?

まず、だいたいの概要を申し上げてみます。
まず私立の通信制高校の学費平均は初年度で50万から60万といったところです。ただし専門コースや、通学回数にも変動がありますので、50万から70万くらいまで開きがあるというのが正しい数字かと思います。
全日制高校が80万から90万ほどですので、全日制高校よりは割安ですね。
次に公立通信制高校の場合は、だいたい平均して10万円(1年間で)ほどです。
かなり破格の金額となっていますので、働きながら自分で稼いで通うという人は公立を選ぶ方が多いです。


ご自身の状況に合わせて選ぼう

ですが公立の場合は、私立のようなサポートはありません。本当に言葉通りの「通信制高校」です。レポートを提出し、スクーリングに参加し、テストを受けるだけのものです。もちろん先生たちも勉強や進路についての相談には乗ってくれますが、いつでもOKというわけではありません。学校によってはスクーリングの時期にしか担当の先生がいないというところもあります。
自己管理で勉強を進めていけるのであれば問題ないかと思いますが、そうでない人には私立の方をおすすめします。